デザインの力

 刀剣界最高の「正宗賞」を受賞した現代の名匠が、人材を見極める基準を語っている。「下手な子、不器用な子がいい。」なぜか。器用な弟子は、何でも無難にこなすから、仕事を軽く見がち。結局、刀一筋にならないことが多いという。「千年の技と美」に挑む刀剣の世界では、要領や小手先など通用しない。技術の巧拙より、うまずたゆまず、鉄をたたくことに精魂を注ぐ弟子こそが大成する。だから「不器用なことは決して不利ではない」と。いくら才にたけていても、苦労や下積みのない人生は刃こぼれがしやすい。障害につまづきやすいものだ。鉄は何度も打たれることで、不純物がたたき出され、強靭な剣になる。人間もまた、苦難を経て本物の人格となる。平凡でいい。必ずしも特別な才能はいらない。ただ真っ直ぐに素直な心を持ち、真面目に地道に行動をしていきたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 昨年末、社内の営業の方からデザイナーとして嬉しい言葉をかけていただいたので留めたいと思う。昨年は某お菓子メーカーが中古ビルを購入したので、貸会議室として運用するため、改修をお願いしたいという仕事がきた。ただ運営は某運営会社が行うとのことなので、仕上げは全て決まっているという。こちらで行えることといえば、WCや間仕切り等のプランニングだけである。某運営会社からすれば、ここの会議室のランクは一番低い料金設定だという。なので仕上げといっても安物のクロスと安物のタイルカーペットだ。少しでもいい空間になるよう、プランニングと少し覚えた建具の納まりや、照明の配置、空調の吹き出し口の配置等を工夫することで心地よい会議室になるようにと考えた。会議室といえばただ単に部屋に窓がある、外部と切れた空間が一般的だ。前回の記事で示したように、人間にとって外部を感じることは大切なことなので、会議室と外部の間に縁側のような中間領域を挿入することで、外部と緩やかなつながりを感じる平面構成とした。中間領域は、廊下と兼用して休憩スペースとしても活用でき、窓を開け放てば外部になる。外部を感じる廊下を通って、会議室にアプローチするということだ。中間領域を設けることで、会議室への直接的な日射もなくすことができる。ディテールを収めることはコンセプトをより強調する作業だと考える。雑多なものを排除することで、コンセプトを表現する手法を際立たせるためのものだ。そのようなことから建具の納まりや、設備の配置にも気を使いながら設計をし、現場まで足を運び、無事竣工を迎えることができた。短い工期にも関わらず、融通をきいてくれ、頑張っていただいた現場の方々に感謝したい。内覧会を開いた時に運営会社の方々が口を揃えて言った言葉がある「貸会議室としてのランクの設定を間違えた。もっと料金を高く取れるのではないか」と。その時はなんとも思わなかったが、その場所に一緒に居合わせた営業の方からその後言っていただいた言葉が嬉しかった。「今まではデザインがなんぼのもんじゃいと思っていた。けど安物のクロスに、安物のタイルカーペットでありながら、運営会社にランクを間違えたと思わせたことにデザインの力を感じた。」と。デザインに意味を見い出さず建築の営業を今までしていたのかと言いたいことはさておき、デザイナーとしてこれほど嬉しい言葉はない。その言葉に、自身もデザインの力に気づかされた。今回のことも空間を通して人の心を動かすことができた結果であると考えている。前回に引き続き、少しもやもやしていたものが晴れてきたような感覚だ。まだまだ、人の心を豊かにする建築の可能性を探っていきたいと思う。

広告